カルバマゼピンと併用してはならない薬

カルバマゼピンはてんかんや三叉神経痛、躁うつ病の躁状態に対して有効な治療薬として知られていますが、服用する際の注意点も色々とあります。
その中にはカルバマゼピンと併用してはならない薬というのもあります。
それは、ボリコナゾール、タダラフィル、リルピビリンであり、これらの薬剤と併用する事で血中濃度が減少して作用が弱まってしまう可能性があります。
カルバマゼピンには代謝酵素を誘導する作用があり、その代謝酵素の活性に影響を与えたり代謝酵素の影響を受ける薬剤と併用する場合は注意が必要であり、今述べた三つの薬剤はカルバマゼピンの代謝酵素の誘導作用によって代謝が促進されてしまい、その影響を受けてしまうのです。
併用禁忌として明記されているのは以上の三つの薬剤のみですが、その他にも併用する際には注意が必要である薬剤もあります。
併用を注意すべき薬剤についてもいくつかありますが、ここではすべてを紹介する事は出来ないです。
カルバマゼピンは原則として病院で医師が診断した上で処方してもらう薬であるために、処方される際には医師の判断があります。
そのために、もしも他に服用している薬がある場合は事前に医師に伝えておく事が大切です。
きちんと伝える事によって薬を併用する事によるトラブルを避ける事に繋がるからです。
また、一人一人体質には個人差もある事から医師の判断で処方された場合であっても、何か異常を感じた場合はすぐに服用するのを中止して医師に相談するようにした方が良いです。
個人輸入でもカルバマゼピンは入手可能ですが、個人輸入で購入する場合は他に薬を併用している場合の相互作用の可能性までは面倒は見てくれませんので、事前に医師に相談した方が良いです。